読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パワスポ☆単騎突入記

寺社仏閣、パワースポットに行ったら更新します。地元山形・東北メイン。基本ソロ活動です。

大宮子易両神社 @山形県小国町

山形県西置賜郡小国町大宮237
 
大宮子易両(おおみやこやすりょう)神社は
 
大宮神社→大己貴命(おおなむちのみこと)
 
子易神社→国常立尊(くにとこたちのみこと)、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)、神皇産霊尊(かみむすひのみこと)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
を御祭神とする
安産、子育て祈願の神社です!
 

 

大宮・子易のふたつの神社って意味だったんですね〜、調べるまで気がつきませんでした(´Д` )勉強不足…
 
大己貴命といえば国つくりの神様。あのスサノオの子、イナバの白兎伝説の主人公としても有名です。
そして万物の生産の神と強い母性を持つ美しい神を共に祀って「子易(こやす)」なんて、そのまんまじゃないですか!ステキ!
 
こじんまりしていますが趣深い。しゃがんで手水をとりました。
f:id:snk45megurin:20160511191243j:image
 
鳥居を抜けると小さな橋がかかっており、ちょっとした池があります。淀みなく綺麗な水です。
f:id:snk45megurin:20160511194022j:image
 
神社に背を向けて撮った参道。奥のほうに鳥居があります

f:id:snk45megurin:20160510121943j:image

 
私が到着したのと同時に2組のファミリーが御祈祷に来ていました。御祈祷の様子を少しだけ覗かせていただきましたが、いやぁ…かっこいい…文体もお寺のときと明らかにテンションが変わってしまいます。
 
素敵な拝殿。
f:id:snk45megurin:20160510122059j:image
 
 
なぜか「猿田彦命」の文字が。猿田彦命といえば天孫の案内人…?もっとじっくり見てくればよかった。謎です。
小さなお社にはよだれかけなどが奉納されていました。
f:id:snk45megurin:20160510121959j:image
 
 
こちらは子孫繁栄でしょうか、ネーミングセンス抜群です。
f:id:snk45megurin:20160510122121j:image
 
 
なんだか真新しい狛犬。誇らしげにニカっとしているようにも見えます
f:id:snk45megurin:20160510122149j:imagef:id:snk45megurin:20160510122203j:image
 
安産祈願も子育て祈願も今のところ必要ない私がなぜここに来たかというと、とある方から「木花咲耶姫様とご縁があるようだから行ってみなさい」と言われた、という経緯がありまして
本当は富士浅間神社に行くのが良いのでしょうが、なかなか山梨?静岡?まで機会がなく…探した結果1番近い神社がここだったのです。
おみくじは大吉!「真正面からぶち当たっていけば道は必ず開けます」と書いてありました。受け入れてくださったようで嬉しいです。
お願いごとは特にせず、9月には山梨県に行く予定なのでその際は富士浅間神社に参拝します。よろしくお願いします。とご挨拶をしてきました。
 
 
こちらの神社さんでは御朱印が頂けるようでしたので、次回は御朱印もご紹介できれば幸いです。